アパート経営にはリスクが付き物|失敗しない方法

安全性が高まる

不動産投資で賃貸アパートやマンションを経営する場合、入居者の家賃未払いという状況を考える必要があります。自分で交渉を行うのは骨の折れる作業なので、家賃保証サービスを利用することによって家賃を立て替えしてもらえるので安全性は高くなり、リスクに備えられます。

管理の種類を知ろう

不動産投資をするのであれば、建物管理と賃貸管理の違いを知っておきましょう。オーナーが直接関与することになるのは、入居者の募集や入居中のクレーム処理、契約手続きや解約手続き等を行ってくれる賃貸管理の方です。

転勤する時に家を貸し出す

近年注目を集めている物件活用方法が、リロケーションです。会社員が転勤する時に家を第三者に貸し出す仕組みです。扱っている不動産会社に委託します。入居者の募集から家賃の回収まで全てを不動産会社が代行します。家賃収入で住宅ローンを払うことができます。

賃貸経営で注意したい点

男の人

安易な気持で始めないこと

アパート経営にはもちろんメリットもありますが、その一方でリスクもあります。その点をよく考えてから経営に踏み切らないと、せっかくのアパート経営が失敗し、手元に多額のローンが残ることになりかねません。どのような点に気を付ければ、アパート経営に失敗しないのかをリストアップして行きましょう。まず初歩的なことですが、賃貸管理会社ときちんと契約することです。自分で家賃徴収から掃除、クレーム対応までやるのは不可能なので、多少経費がかかっても、管理のプロと契約しておくのがお勧めです。それから、空室や滞納への対処方法も、アパート経営を失敗させないためのこつです。特に空室が多くなると、家賃の安定収入に響きます。家賃保証を契約するなり、一括借り上げを利用するなりして、安定収入を得られるように努めましょう。そして、自分が購入しようとしている物件の周辺環境を、よく把握しておきましょう。入居率や将来の動向をつかむためにも、これは大事なことです。必ず自分が知っている地域の物件を購入するようにしてください。また、表面利回りばかりを気にするのもよくありません。表面利回りは年間の家賃を物件の価格で割って、100をかけた数字のことで、これが高いほど安く物件を購入できます。しかし安いのには理由はあるわけで、安いからという理由で購入すると、結局失敗することになります。そして、不動産の購入が節税対策になるという話もよく聞きます。しかし節税のために、赤字経営を続けるのも考え物です。赤字経営を続けることで、金融機関の信用が下がることもあるからです。そのため赤字を出さないように不動産業者に相談するようにしましょう。